アフィリエイトをネットビジネスと呼ぶ事に違和感を覚えます。

5月 4th, 2014

ネットビジネス、よくよく見てみるとアフィリエイトの成果画面…

それはビジネスなのでしょうか?

 

ネットショップを開く→ネットビジネスであると思います。

 

ネットサービスを開く→ネットビジネスであると思います。

 

アフィリエイトをする→ネットびじねs…であるにはあると思うのですが、何か溜飲が下がりません。

 

空いている時間にポイントサイトでお小遣いを稼ぐ、これをネットビジネスと呼んでいるような、そんなニュアンスです。

週に一度パチンコ屋に行って稼ぐ、これをビジネスと呼んでいるような、そんなニュアンスです。

何かが、少し異なって感じます。

 

 

ビジネスをしているのは、ポイントサイトであり、パチンコ屋であるのではないかなと思うのです。

 

それで100万200万稼いでいたとしても、何かが違う気がしてならないのです。

 

100万200万稼いでいる人は何をビジネスにしていると言えるか。

それはメールマガジンを配信する事であったり、サイトを運営する事を「ビジネス」と呼んでいるのでは無いでしょうか。

 

すなわち、ネットビジネスをやりたい!アフィリエイトで儲けたいです!

では無くて、ネットビジネスをやりたい!こういうサイトを作って運営したいです!その収益としてアフィリエイトをします!

と、アフィリエイトはビジネスに付随する物のような気がしてならないのです。

 

私はまだ、アフィリエイト業界に本格参入して1か月程度なので、違うのかも知れませんし、そう呼ぶ事が常識なのかも知れません。

お金を儲ける、と言う意味ではそうなのかも知れませんし。

しかし、ネットビジネスで儲ける!⇒何故かアフィリエイトの成果画面…とあると、違和感が否めません。

 

アメリカでは、貴方の仕事は何で貴方のビジネスは何?と分けて考えられているのに似た、そんな疑問です。

 

もしかすると、古い人間になってしまったのかも知れません。

カテゴリー: ブログ

コメントする

コメントする

Feed

http://blog.trafficgear.net / アフィリエイトをネットビジネスと呼ぶ事に違和感を覚えます。