オートサーフの意味は実はというよりほぼゼロです。

4月 7th, 2014

オートサーフの意味について、私はずっと考えていました。

ただサイトを開いて閉じるだけ。しかもiframe越しなので正式には開かれていない。
ここに意味を見いだせる人はどのくらいいるのだろうか。

オートサーフの人がサイトを見てくれるからでしょうか。
ほとんど99%の人はオートサーフの画面から目を離しています。
作業画面の裏側に動いている事を忘れてたくらいの認識です。
なので違います。

ランキングの為でしょうか。
アメブロのブログランキングやライブドアは上がってもほとんど意味を成しません。
一時的には大きく新規ユーザーは増えます。
が、すぐにそれっきりになってしまいます。
ずっとサーフを依頼し続けなければいけません。
もしかしたら、それが割が良いアクセスに繋がるのかもしれませんがほとんど難しい。
なのでこれも違う…

PV収益の為でしょうか。
クリックが無ければむしろ報酬は下がってしまいます。
それにも関わらず、PVを上げ続けるといつかはアカウントが停止になってしまいます。
これも違う…

クッキーを読み込ませたいのでしょうか。
これはやや有用かも知れません。
例えばアマゾンや楽天へアクセスをさせてクッキーを持たせることも手としてはあるでしょう。
しかし、アマゾン単体で出稿しようとするとほとんどNGを食らいます。
ので、これは限りなく×に近い△とします。

iframe、imgでのリファラを持たせるためでしょうか。
これも、有用でしょう。
むしろ、これ以外に役に立つ道はほぼありません。

実はこのくらいしか価値はありません。

中にはこれまで見たHPにはiframeを仕込んでいるブログを見つけました。
残念ながら「全てのアクセス者に、全iframe分のサイトを読み込ませていた」ので、
重い・見づらい・すぐばれるだけのひどいサイトになっていました。
しかも、トラフィックエクスチェンジサイトの管理人に見つかると削除されてしまいますのでこの使い方は推奨されていません。

しかし

これ以外に意味はほとんどありません。

その唯一の価値にも関わらず、ダメだとされます。
それは管理者は何のために役務を提供しているのかをわかっていないか、オートサーフに何も意味が無いのを知らないカモがどうにかなってしまうのは嫌な人間ではないかとさえ考えました。

そこで、2clickサーフを開発しました。
2clickサーフでは、まさにiframeの役割を果たします。
しかもiframeを忍ばせる以上に完璧に成果を出します。
iframeでは拒否するサイトやランキングも多い事がその理由です。
iframeでは、すぐに知られますのであまり好ましくありません。
が、iframe自体は効くのは確か、と言ったところです。
2clickにはそれ以上の意味があります。

さて、ここまでオートサーフを意味が無いと主張しておきながら、何故トラフィックギアにはオートサーフを用意しているのか。

それは、クリックだけが異様に増えてしまうからです。
アクセスがそもそもないサイトから何十件も何百件もクリックがあれば、これは何かおかしい事をしていると思うでしょう。
中には張り付けたタグからインプレッション回数を調べる事もあります。
その為、PVを上げなければいけません。
「オートサーフでPVを上げる」事が、ここでようやく意味を持つのです。

トラフィックギアではさらに、オートサーフの画面にボーナスが不定期に表示される仕組みを導入しています。
これにより、「見るはずなんてない」画面を、「見る人もいる」ようにしました。

オートサーフなんて意味が無いと思っている人にも、ぜひ利用をしていただきたいサービスです。
ぼーっと眺めている人が必ずいるサービスです。

カテゴリー: トラフィックギアシステム

コメントする

コメントする

Feed

http://blog.trafficgear.net / オートサーフの意味は実はというよりほぼゼロです。