サイトを収益化する為の有効なオートサーフの使い方

4月 9th, 2014

サイトを収益化すると言う視点においての、オートサーフの使い方を紹介します。

まず、サイトを収益化するには、広告を掲載する必要があります。
広告はASP等を介して何を紹介するか決め出稿する方法と、
ASPに全てお任せしてクリック単価にてもらう方法があります。

今回は後者に目を向けます。
クリック1回につき、●●円とする広告は、adsenseや、imobile、admax等があります。
これらはほぼ、基本的にはクリック数が重要なファクターになっています。
クリックされない事にはどんなにサイトの表示回数があっても意味が無いからです。
表示回数も重要ですが、表示回数だけが増えてもほぼ0円のままです。
むしろ、オートサーフを実行すると、どんどん1クリックに対しての価値が軽い物だと思われ、だんだんクリック単価が下がってしまうと言う現象も起こります。

そうすると、オートサーフは意味が無いどころか逆に害悪になる場合さえあります。
オートサーフをする時、ほぼ100%が画面を見ていません。
1サーフにつき、0.0015円以下。にも関わらずずっと画面を見ていられるかと言えば、それは虐待でしかありません。

つまり、adsenseの為にオートサーフを使用する、と言うのは本末転倒な結果を生み出します。

ではどうすれば良いか。

純粋なアクセスです。

純粋なアクセスがあれば、ちゃんとサイトを見に来てくれた人なので、クリックする可能性が一人につき数パーセントは出てきます。

それでは純粋なアクセスを増やすにはどうするか。
・何かしらのランキングで高ランクを取る
・相互リンクを増やす
・SEOで高い効果を示す

全て、外部へのアクセスを流す必要がある物です。
そうすると、自サイトにリンクを掲載して依頼して回るか、
2clickサーフを利用してアクセスを送った後に依頼して回るか、
あるいはその他不正にリファラスパムを送信して依頼して回るか、
この三つが有効な作戦です。

3番目が一番効果としては高いのですが、如何せん技術が必要です。
1番目が一番真っ当な方法ですが、如何せん根気が必要です。
2clickサーフが一番手っ取り早くはあります。

2clickサーフでそれでは収益化する為の方法ですが、詳しく書きます。
収益化には純粋なPVの為に、相互リンク数を増やす必要があります。
まず、貴方のサイトより少し規模の大きいサイトへ相互リンクを張ってもらう事を検討します。
どこに貼ってもらうかを決めたら、貴方のサイトの目立つ位置にそこのリンクを掲載しましょう。
これだけでも、貴方のサイトがある程度の規模があるのならクリックは生まれます。
それに上乗せして、2clickサーフにて、アクセスを送ります。
送る件数は、送り先のサイトのランキング5位くらいを狙える数にしましょう。
さらに、オートサーフを実行して、貴方のサイトのPV数自体も上げます。
貴方のサイトには、カウンターを設置しておく事も強くお勧めします。
そうすると、送り先のサイトの管理者は貴方のサイトを見に来ます。
貴方のサイトにリンクが掲載されている事を見つけます。
『貴方のサイトはどのくらいの規模のサイトなのだろうと、貴方のサイトのカウンターで一日のPV数を見ます。
そこで、このサイトからこんなにアクセスがあるにはおかしいPV数だと思われれば貴方のサイトからのアクセスを拒否しますが、納得のいくPV数であれば、きっと高評価を得ます。』
そこで、アクセスを張り返してくれる場合もありますが、ほとんどはスルーか、あるいは見に来ません。
なので、ある程度(3日~1週間ほど)たったならば、相互リンクをしませんかとメールを送りましょう。
それから1週間ほどはそのまま掲載し、2clickサーフを同数程度送り続けてください。
確認できるまで時間がかかる場合もあるからです。
それでも相互リンクが無かった場合は、縁が無かったと思い次へ移りましょう。
このくらい送っておくと、後で気づいたときや、気づいていたけど無視していた場合に、
アクセスが無くなった事に驚き、即リンクを掲載してくれます。
掲載されたならば、その後1週間程度は同じ位置・同じアクセス数をお礼の意味でも送りましょう。
次に狙いを付けたならば、現在紹介しているサイトを一つ下に下げて、一番目立つ位置に次のサイトを掲載していきます。
この繰り返しです。

オートサーフは『』の為にだけ、使用できます。

このやり方で、一日1万PV程度のサイトは1か月もあれば誰でもほぼ確実に作成する事は出来ます。
むしろ、私も他媒体を育てるときは、このやり方がメインです。

カテゴリー: アフィリエイトテクニック

コメントする

コメントする

Feed

http://blog.trafficgear.net / サイトを収益化する為の有効なオートサーフの使い方