omni10の周辺機器レビュー。

7月 18th, 2014

先日書きましたが、手に入れたタブレット。

 

omni10。

 

使用している感じ、フリーズがやたら多い気はします。

 

何か作業しているとフリーズする、というわけではなく、

 

何も作業してないのに突然死する、というパターンが多く、

 

二日に一回くらいはフリーズで強制終了しています。

 

さて、それでも割とタブレット生活には慣れ、

 

周辺機器も充実したのでレビューを。

 

 

まず、キーボード。

 

bluetouthキーボードですが、Microsoftのウェッジモバイルキーボードを使用しています。

 

電池式で、レスポンスもまあそれなりに悪くないです。

 

タイピングは私はE-typingでProfessor程度なので中途半端なデータかも知れませんが、

 

キーの取りこぼしのようなことは発生しないのでタイピング速度に対しては優秀な反応を示してます。

 

たまに押しっぱなしになるような現象があるので、その点がやや困る。

 

それと、FunctionキーがFnキーを押さないと使えないので、ややAlt+F4だったり、F5だったりが使いづらい。

 

この辺は、Ctrl+rだったりに癖を直せばぎりぎり行ける範囲ですが。

 

便利なのはキーボードカバー。

 

キーボードカバーがタブレットスタンドとして、縦置きでも横置きでも対応できます。

 

天地無用に置くと、ややケーブル系がさせなくなるので、

 

横置きか、上下逆さにして使うと便利です。

 

 

 

 

そして、マウスもそろえてMicrosoftのウェッジモバイルにて。

 

動き自体は問題ないのですが、

 

タッチパネルがマウスのクリック部分についていて、そこがやや問題です。

 

こちらがやや操作が微妙です。

 

拡大だったりをすると、

 

少し遅れてフォローしてきたり、細かい調整がやりにくいです。

 

たまに突然拡大したり、と言ったこともあります。

 

 

まあ、普通に使う分にはそこまで問題ないです。

 

 

そして、

 

今回手に入れたのが、Mybatteryultraの接続用ケーブル。

 

19V→12Vに変換した上で、刺す形で、

 

19V→12Vの変換ケーブルはバッテリーに刺した瞬間にパソコンつなげなくても給電開始します。

 

外し忘れに注意が必要です。

 

刺し心地は結構ぴったりとはまり、動かしても外れません。

 

AsusZenbookの時はかなりゆるゆるだっただけにうれしい限りです。

 

 

 

そして、もう一つ。

 

このOmni10には、USBの差込口はあるのですが、

 

差込口がやや特殊で、MicroA端子というらしいです。

 

スマホの差込口のような形で、機器を接続するならば普通のUSBがさせるように変換する必要があります。

 

これを使って、普通のUSB機器を接続します。

 

今のところE-mobileのPocketWifiの給電と、D26HWによるダイアルアップ接続は可能でした。

 

 

 

 

そんなこんなで、持ち運びセットが充実し、20時間くらい外にいても大丈夫な環境になりました。

 

あくまでもタブレットなので、

 

バリバリに仕事ということにはいきませんが、それなりに快適です。

 

ちなみにインターネットがちゃんとしている環境下では、動画も問題なく視聴できます。

 

OFFICEもバリバリに動くので、外である程度作業するのにも耐えられます。

 

カテゴリー: ブログ

コメントする

コメントする

Feed

http://blog.trafficgear.net / omni10の周辺機器レビュー。