TOEICは果たして意味があるのか否か。

5月 9th, 2014

TOEICでは750点程度は取れますが、

TOEFLは50点程度で凹んだことがある私です。

 

ふと、TOEIC650点と言う商材があったので、合わせて紹介します。

400_400

 

 

少し自慢ですが、

私は、英語の勉強をしたことは中学卒業以来ありません。

高校のセンター試験では、勉強をせずとも180点より下回ったことはありませんでした。

大学受験も、英作文でいかにこの答えを見た時笑ってしまうけど×には出来ない答えを書くかに苦心し、

TOEICも勉強をせずに三回受けた中で三回とも750点程度でした。

 

それもこれも、中学時に一年ほどアメリカに留学をしたことがあるからです。

 

それだけで、ほぼ大学卒業まで、就職や昇進にある程度有利なレベルまで無勉強で辿り付けます。

 

留学レベルとなると、私はTOEFL50点と最低な数字をたたき出した身分なので強くは言えませんが、

一年程度遊びに行ったレベルでそのくらいまでカバーできてしまう範囲のレベルが、大学受験であり、TOEIC750点代レベルです。

そのくらい、簡単な物なので、もしそのくらいでも必要であるのならば、

やり方さえわかれば簡単に達せるのではないかなとは思います。

無料メールマガジン登録のようなので気になる方は登録してみてください。

400_400

 

 

 

 

ちなみに、私の勧めの英語勉強法は、アメリカの番組を「英語字幕」を付けて見る事です。

何言ってるかなんて字幕なしじゃ最初は分からないんですね。

それを英語字幕を付ける事でなんとなく聞こえてくるようになって

なんとなくおいつけるようになって

なんとなく分かるようになります。

なんとなく分かるようになれば、大学入試やTOEICのリスニングは、なんとなく聞こえた気がする記憶との勝負になります。

充分八割は正解します。

 

お勧めです。

 

 

さて、上述の教材についてですが、

講師はお二方とも有名な大学であったりその界隈では有名な人の様子です。

650点とは目標が低いと思って読み進めてみると、800点代、900点代の方法を公開しているようで、

しかも電車の中で点数を上げる方法…とあるので、ベース力の底上げにはなるのかも知れません。

 

 

 

カテゴリー: ブログ

コメントする

コメントする

Feed

http://blog.trafficgear.net / TOEICは果たして意味があるのか否か。